おはようございます。

新横浜駅から徒歩15分、菊名駅から徒歩5分の所にあります、きくな元気整骨院です。

 

 

 

10月キャンペーンのお知らせ!!

 

新整体メニュー!!

 

   ガッツリほぐし

10月限定価格5000円

10/1~10/30までです!

 

ぜひ、お試しください。

抱っこで、肩や腰、痛めていませんか?

小さなお子様連れの方でも安心して来院いただけます。

ベビーカーでも中まで入れますので、我慢せず是非ご相談下さい。

よろしくお願い致しますm(__)m

 

本日は不眠についてのお話。

 

「なかなか寝つけない」「夜中に目が覚める」「熟睡できない」「朝早く目が覚める」など,十分な睡眠がとれない状態が続くことを不眠といいます。

 

不眠が長く続くと心身に不調があらわれることもありますよね。

生活習慣やストレスが原因で起こる他、疾患が原因になることもあります。

 

 

毎日、簡単に実践出来る方法としては、

 

毎日同じ時間に起き、朝の光を浴びる

 

毎日同じ時間の起床を習慣化すると、眠りをコントロールする生体時計のリズムが整い、夜の寝つきも良くなります。

また起床したら、朝の光を浴びる習慣をつけましょう。

生体時計がリセットされ、体の機能だけでなく感情をコントロールする脳内物質が活性化します。

 

 

寝る前は、脂肪や刺激物、糖分を避けて

 

脂肪分は体内での分解に時間がかかるため、油をたくさん含んだものを夜遅くに食べると、夜中まで胃が消化活動を続け、良く眠れなくなります。

 

強い香辛料などの刺激物や糖分も、神経を高ぶらせるので、避けた方が良いでしょう。

 

 

アルコールやタバコ、カフェインを含む飲みものを控える

 

アルコールやタバコは、脳を刺激し活性化するため、寝る前はとらないようにしましょう。

 

また、コーヒーや紅茶、緑茶に多く含まれるカフェインには脳を覚醒させる働きがあり、その効果は3~4時間続くので気をつけましょう。

 

 

上手な入浴で、深い眠りを得る

 

眠る30分~1時間前に入浴はすませましょう。

 

入浴は、40℃以下のぬるめのお湯にゆったりとつかりましょう。

足湯や手浴(洗面器などに45℃くらいのお湯をはり、5~10分手首をひたす)もおすすめです。

また、入浴後の軽いストレッチ運動は心身をリラックスさせ、心地良い眠りへと誘ってくれます。

 

 

睡眠環境を整える

 

眠るときは真っ暗か月明かり程度の明るさに。

室温は夏は26℃前後、冬は18℃前後、湿度は1年を通して50~60%に保つと良いでしょう。

 

ただし、年齢や住む地域によって、明るさや温度・湿度の感じ方は違います。

また、ベッドや枕は吸湿性・通気性・弾力性などにこだわり、寝返りの打ちやすい体にあったものを選びましょう。

 

枕の高さは顔の角度が5℃くらいになるものがベストですが、一番は自分にとって快適と思える環境を整えることです。

 

 

対処法としては、

 

自分なりの眠り方を習慣化する

自律神経の硬さを取っていく

食べ合わせ、飲み合わせに注意するなどです。

 

当院にも全身をほぐして回復を狙うコースや

頭周りのアプローチもあるので是非ともご活用ください。

 

きくな元気整骨院