震災を忘れないようにと制定された「おむすびの日」

 

おはようございます。

新横浜駅から徒歩15分、菊名駅から徒歩5分の所にあります、きくな元気整骨院です。

 

 

 

12/3(火)きくな元気整骨院オープン(^O^)/

 

2019年12月より診察時間が変わりますm(__)m

午前10:00~午後19:00で、お昼休みはありません。

日曜休診です。

 

抱っこで、肩や腰、痛めていませんか?

小さなお子様連れの方でも安心して来院いただけます。

ベビーカーでも中まで入れますので、我慢せず是非ご相談下さい。

よろしくお願い致しますm(__)m

 

1/6~31 限定

第1弾

 「肩甲骨はがし」 大好評につき

2回目以降は、2750円が

ワンコインの500円でうけられます

 

 第2弾

冷えで悩むあなた!!

足のむくみを何とかしたい!!

岩盤マット+足ツボコース

通常価格4400円⇒1500円

第3弾

とにかく体を何とかしてほしい!

当院一番人気コース

元気流整体コース

通常価格5500円⇒4500円

1月限定 頚肩、猫背改善コース

(通常)8,800円1,100円

肩こりで朝がつらい

★猫背が気になる

★デスクワークの疲労

 

ぜひ、お試しください。

よろしくお願い致しますm(__)m

 

今日はおむすびの日です。

この日の由来は、1995年1月17日に発生した阪神大震災です。

寒く厳しい時期に、避難生活を強いられた人々に配られたのが、おむすびでした。

ボランティアの人たちによって行われる炊き出しの中でもすぐに、そしてどこでも食べることができたのが、おむすびだったんです。

この時に、お米やごはんの大切さを見直す運動が行われ、設立されたのが、「ごはんを食べよう国民運動推進委員会」です。

この委員会が、震災を忘れないようにと声をあげ、制定されたのが「おむすびの日」なんです。

 

 

ところで、おむすびとおにぎりの違いって分かりますか?

諸説ありますが、丸いのがおむすびで三角がおにぎり、またはその逆であるなど諸説があって、はっきりとした定義は定められていません。

言葉としては「おむすび」の方が古く、「おにぎり」は江戸時代から、という説もあります。

 

 

「おむすび」は元々女房言葉にもあり、「結ぶ」という言葉には深い意味が込められているそうです。

日本神話の造化三神と呼ばれる特別な古い三柱の神様のうち、二柱には「むすび」(産巣日)という言葉が入っています。

天地万物を生み出す力のような意味であるとされて、平安時代に「結び」という言葉と繋げられるようになったそうです。

お米の粒を結ぶから、「おむすび」ということかもしれませんね。

ちなみに神様の名前に由来するとされる場合、おむすびの形は三角なのだそうです。

 

 

現在、日本で唯一完全自給できる作物は、お米だけなのだそうです。

「おむすびの日」を制定した、「ごはんを食べよう国民運動推進協議会」は、お米を通じて日本の農の在り方についても、国民全体で運動する事を狙いとしています。

ごはんを中心とした食生活の見直しも、その目的に含まれているそうです。

 

 

 

 

本日19時まで診察致しておりますm(__)m

診察時間10時~19時(お昼休みはありません)

些細な痛みも我慢せず、ご来院ください。

また、交通事故治療、鍼治療、整体などの自費治療もお任せください。

<新横浜 きくな元気整骨院>

 

 

菊名整骨院の提携院が横浜市港北区の綱島に新規オープンいたしました。

ベテラン柔道整復師とベテラン鍼灸マッサージ師による治療体制で、多くの症状に対応できます。

東急東横線綱島駅から徒歩4分、買い物にも便利な商店街地域にあります(^O^)/

健康保険・交通事故保険・労災保険取り扱いしています。

ケガや辛い症状でお悩みの方はぜひ⇒https://tsunashimagenki.com 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です